2014年8月13日(水)1日目

スペインの旅1日目

旅の始まりは福岡空港。

KLMの便を利用するも本日は福岡空港発着無し日。

従って関西国際空港経由を余儀無くされる。

グラフィックス1

 

 

福岡を拠点とした西、つまりヨーロッパへの移動は韓国仁川経由がお気に入りですが仕方がありません。

グラフィックス2

 

機内、隣席の女性が日本人。

話しかけるとネスレにお勤めでアムステルダム経由、スイスに向かうとのこと。

お盆のこの時期に夫、息子を置いての出張に、オチャラケ1人旅の自分は幸せだな~、と改めてこの状況を噛みしめる。

 

グラフィックス3

スペイン、マドリッド到着。
何も考えずタクシー乗車。

 

宿泊先の『ウサ•プリンセサ•ホテル』

グラフィックス4

マドリッド

荷解きと無事の到着を報告(スクェア安達さん)すると現地時間午後10時過ぎ。時間の過ぎるのが早く感じる年頃か、ゆっくりし過ぎたのかはともかく、夕食を取るために外出。ホテルのエレベーター付近で日本人に遭遇。両手に買い物袋発見!ワインも有る!
旅人A:『近くに買い物できるところあるのですか?』

知らない日本人:『有ることは有るのですが、先ほど終わりました』
旅人A:『ありがとうございます。( ;´Д`)』と答えホテルの周りをうろつくとバーガーキング発見!意外にも人が多く尻込み。
小売の個人商店を発見し入店。
店主:『ニイハオ』
旅人A:『こんにちは』あ、夜だ!
何故こんばんはが言え無かったんだ?と思い、ビール、ミネラルウォーター、

サンドイッチ購入。
お会計が3ユーロ未満。(;゜0゜)嘘だろう!安い。
ビール、サンドイッチを食し就寝。

寝たいけど、彼女の視線が気になる。

グラフィックス5グラフィックス6

 

2014年8月14日(木)2日目

マドリッド、本格的な観光開始です!暑い!と聞いてたスペイン、寒い^^;

部屋からの眺め。

グラフィックス1

 

朝からマドリッド半日観光のためにホテルロビーに。

旅人A:『このホテル冷房効き過ぎ』と思っていると外気温がなんと15℃以下。

観光案内の添乗員さん:『何か羽織るもの持って来た方がいいですよ』

旅人A:『羽織るもの持ってきていませんので我慢します。』

(スペイン旅行した友人に夏のスペインは死ぬほど暑い!と聞いていたから荷物を減らす意味で上着持参せず。)

当日、友人に怒りのメール送信。

寒いのを我慢しつつ観光。参加人数が少数でしたのでアットホームな観光でした。

グラフィックス2

マドリッドのスペイン広場。

 

グラフィックス3

アルマス広場の王宮

 

グラフィックス4

アルムデーナ大聖堂

 

グラフィックス5グラフィックス6

サン・ミゲル市場

 

グラフィックス7

朝からビール、おつまみ

 

グラフィックス8

マヨール広場

 

MAD5MAD6

マドリッドの象徴 「プエルタ・デル・ソル」

 

グラフィックス10

プラド美術館の近くシベーレス広場。

 

グラフィックス12

プラド美術館に興味が無く。朝とは別の市場

サン・アントニオ市場で早い昼食

 

午後からはトレド観光に向かいます。

午後からは世界遺産の街トレド。

1561年に首都がマドリッドに移るまで、政治、経済の拠点。

 

宿泊ホテルからピックアップ。

ガイドさんに挨拶を済ませ待機。

1台の大型バスに総勢34名のツアーがスタート!

ガイドさん:『午前中は寒かったですね。こんな事は更々ないのですが、トレドは暑からこのくらいの気温がいいかもしれませんね』との事。

街中から約1時間、広大な乾燥地帯を抜けると、小高い丘にその建物が現れる。街全体の写真撮影、最高のロケーションにバスは停車。

トレド1

 

街中に行く途中トイレ休憩の場所は、お約束の民芸品屋さん。

飾ってあるサーベル誰が買うのだ、と思ったら何やら奥の方で念入りなパッキング。

西洋人が買ってました(°_°)

 

トレドの街入口には、エスカレーター数本を乗り継ぎ到着。

ここからはひたすら歩きます。午前中の天候とは打って変わり、35℃。流石に暑い。

グラフィックス2グラフィックス3

石段が暑い。

 

グラフィックス4

スペイン・カトリックの総本山 「カテドラル」

グラフィックス5グラフィックス6

街中は車1台がようやく通れる狭さ。

 

トレド3トレド4

トレドです。 午前中は気温が13~15℃、トレドは30℃超えてます。( ;´Д`)

 

トレドから戻り、再びマドリッドの街を散策。

グラフィックス7

エジプトのアスワンハイダムの水没を免れたデボット神殿。

エジプトを懐かしむ旅人:A「アスワンハイダムも行った。アブシンベル神殿にも行った。」

 

添乗員さんに教えていただいたレストランに飛び込み。

「COMPOSTELA」

グラフィックス8グラフィックス9

一人には多過ぎの生ハム。

グラフィックス10グラフィックス11

生ガキ 3ピース。                                                                     「あさりのサフラン煮込み」

確かに美味しかった。

 

2014年8月15日(金)3日目

マドリッドからコルトバに列車で移動、

グラフィックス1グラフィックス2

アトーチャ駅                                                                             駅での朝食。

グラフィックス3グラフィックス4

車内でのサービス朝食(*_*) まずい。

 

グラフィックス5

約1時間、On Timeに「コルトバ」到着。

グラフィックス6

コルトバ歴史地区は世界遺産にも指定されています。

コルトバ1コルトバ2コルトバ3

 

イスラム教とキリスト教が共存する『メスキータ』入れる時間が決まってて、現地時間14:00の会に入りました。

暑い中、長蛇の列でしたが、中は異常な広さ!涼しい⁉︎とは言い切れませんが規模に驚きです。

コルトバ6コルトバ7コルトバ8

中には綺麗な柱が850本

 

グラフィックス10

「アルカサル」グアダルキビル川畔に建つ王城

コロンブスが新大陸発見のため、資金捻出交渉の場所。

 

グラフィックス13グラフィックス14

 

 

グラフィックス15グラフィックス16

ゴージャス過ぎます。

 

コルトバ名物の『ラポ•デ•トロ』牛テール煮込みです。

味付けも程よくビール、赤ワインに良く合いました。 (^^)

コルトバ10コルトバ11

 

花の小道 Calleja de las Flores

コルトバ13グラフィックス19グラフィックス21

グラフィックス22グラフィックス23

夜の催しうるさい (+o+)                                                       後、鐘が15分ごとに鳴っている。

 

コルトバはここまで。明日はセルビアです。

 

2014年8月16日(土)4日目

またもや列車でセビリアに到着しました。

グラフィックス1グラフィックス3

 

グラフィックス4グラフィックス2

 

★車窓からの景色が良い。

 

セビリアのホテルに荷物だけを預けるつもりが、部屋が空いてるからすぐにチェックインできました。

午前中なのにラッキーと思ったのも束の間、外は炎天下です。

ホテル近くの闘牛場になんとなく入ったら、12:30よりスペイン語と英語のツアーが始まります!との事。

ほとんど聞き取れずに失敗したと思ったのですが自業自得と反省し英語勉強します。

 

セビリア2セビリア3

 

 

セビリア4セビリア5

 

 

 

闘牛場から黄金の塔に移動。

『セニョール』と声をかけられボッタクリがやって来たと思ったら坊主頭の男性から写真撮ってとの事でした。

黄金の塔からの移動中、花が咲き綺麗です。

 

セビリア6

 

次はスペイン広場を目指す。腹ごしらえのため目に留まったファストフード店。

昼食からビール、小さなパンにチーズ、ハムを挟んだもの。ポテトチップ付。

グラフィックス12

 

セビリア8グラフィックス13

く途中に花が綺麗な建物を見つけ撮影。他の外国人も同様の行動。

 

グラフィックス14グラフィックス15

 

 

グラフィックス16グラフィックス17

 

スペイン セビーリャのスペイン広場。    かなり広い、あと、、、、、動物園の臭い。

グラフィックス18グラフィックス19

★かなりの間抜け面です。

 

セビリア12セビリア15セビリア17セビリア18

 

セビリア13セビリア14セビリア16

世界遺産「アルカサル」     広々とした空間、庭の作りに圧倒。スペインの良い時代の象徴です。

とにかく庭も含めた敷地が広すぎ。酷暑にもやられ、観光はこれでダウン。

 

カテドラルは体力の限界で外からの観光写真のみです

 

セビリア19セビリア20

疲れたのでホテルの近くで買ったネクタリン、ビールを飲み干すと睡魔に。

起きたら夜21時  (*_*)       気分も悪いのでそのまま就寝。

 

グラフィックス29

セビリアは以上です。

明日はいよいよ移動の大ヤマ列車~バス~タクシーを乗り継いで

スペインで一番きれいな村と呼ばれている「フリヒアナ」へ向かいます。

 

2014年8月17日(日)5日目

移動時間、乗換回数、気を遣う旅の始まり。

ホテル(タクシー)→ セビーリャ サンタ・フスタ駅(列車)→ マラガ(バス)

→ ネルハ(タクシー) → フリヒリアナ

中継地点のマラガ駅です。

ここからバスでネルハという所まで行き、そこからはタクシ-でフリヒアナに向かいます。

 

マラガ駅マラガ駅2

 

「スペインで最も美しい村」に選ばれたこともあるフリヒリアナ

本当に美しい。当初の旅行プランにギリシャ ミコノス島を考えていたが、ここも素晴らしい。

グラフィックス4

 

と思いつつもお腹が空いたのでホテルで遅い昼食。

グラフィックス12グラフィックス3

 

フリヒリアナの町は本当に綺麗です。 白壁の建物、その中で暮らしている人の声を聞き

時間が止まった感覚がこれだ!と実感できました。

日曜日なのであちこちの店が閉まってますが、人も少なく心地よいです。

 

フリヒアナフリヒアナ2

 

フリヒアナ3フリヒアナ4

 

フリヒアナ5フリヒアナ6

 

フリヒアナ7グラフィックス6グラフィックス10

 

ホテルのレストランで 遅いディナー(°_°)?です。

グラフィックス12

 

フリヒアナ10

 

夜のフリヒリアナの町も綺麗です。

旅も大詰め!明日はグラナダに向かいます。

明日も長距離移動なので早めの就寝。

 

2014年8月17日(日)5日目

フリヒアナよりタクシでネルガへそこからバスの乗換グラナダに到着しました。

ホテル「パラドール」部屋は広くないけど、周りの静けさ、綺麗な庭園に癒されます。

 

パラドール1パラドール2

 

パラドール3パラドール4

 

パラドール部屋